HOME微小生物を使った観察・実験ゾウリムシの実験と観察
ゾウリムシの食胞観察
双眼実体顕微鏡
ポスターカラー
スライドガラス
カバーガラス
ピペット
右下の図はゾウリムシの培養液に赤色のポスターカラーを少量加え、約20分たったところで、緑色のポスターカラーを加え、さらに20分経過後の細胞である。
 ポスタカラーは、細胞口から取り込まれ、膜に包まれた食胞(しょくほう)と呼ばれる袋に閉じこめられる。ここに消化酵素(しょうかこうそ)が出され、エサは消化されるが、ポスターカラーのように消化されないものは、口の少し後方にある細胞肛門(こうもん)と呼ばれる所から排泄(はいせつ)させる。


動画はこちら
方法:
器具
Paramecium