1.
 100mlの三角フラスコに赤土玉か鹿沼土を約20g入れ、軽く水洗いの後、純水(水道水でもよい)70mlを加える。
 赤玉土を用いた場合は、約0.025gの炭酸カルシウムCaCO3を加える。※ただし、水道水や鹿沼土を使用する場合は炭酸カルシウムCaCO3を加えない方がよい。
2.
 10分ほど煮沸(できればオートクレーブ)して、冷却する。
3.
 濃度がおおよそ2.5%になるようハイポネックス液肥オールパーパス用(0.1−0.2−0.1)を加える。
※ハイポネックス原液(6−10−5)を使用する場合は、0.05%になるように加える。
4.
HOME微小生物の飼育
ボルボックスの培養法
ボルボックス図鑑へ
 これに培養中のボルボックス液を約1mlいれ、明るい(直射日光は避ける方がよい)場所に置く。1ヶ月〜2ヶ月後には、1mlあたり数百個の密度にまで増える。
5.