ディレプタス(Dileptus)編

Dileptus anser

 

  細胞長は250-400μm。Proboscisはやや扁平。 大核は100個以上の円盤(discoid)に分かれteいる。 小核は16以上の vesicular type。 収縮胞は背中側に列をなし,2〜3個はProboscis内にもある。 淡水性。 毒胞はproboscis の腹側にあり、それによって獲物を麻痺させて捕まえる。(参考 法政大学 原生動物図鑑

 

補食   


 

 MIkami, Lab.へ   EECへ

 

このページは、Javascriptを使用しています。Netscape Navigetor3.0以降のブラウザで御覧下さい。

Copyright(e)1998〜MIKAMI Lab. All Rights Reserved.

 

produced by nakaji